hello, I’m iTero.

銀座ルミナス歯科はインビザライン用口腔内スキャナーiTeroを使っています。

みなさま、こんにちは。
すっかり寒くなり、生ガキの美味しい季節となりました。
生ガキが大好きな院長の村上です。


新型コロナウイルスの感染拡大後、3密回避のために物理的接触を減らすことが求められる中で、日本では遅れていたDX(デジタルトランスフォーメーション)が急速に進み始めました。

デジタルトランスフォーメーション=Digital Transformationなのに、なぜDX??と最初、疑問に思いましたが、

英語圏では接頭辞「Trans」を省略する際にXと表記することが多いため、「Transformation」が「X」に代わり、「Digital Transformation」⇒「DX」と表記するようです。

https://blog.global.fujitsu.com/jp/2019-09-26/01/

とのこと。。。

そして劇的に変化しているのは、実は医療の分野なのかもしれません。

4月10日に厚労省から発出された通知により、時限的・特例的な措置としたうえでですが「オンライン診療」が初診から認められるようになったことは、医療分野における大きな変革でした。
スタートは時限的・特例的であったオンライン診療ですが、織り込み済みというかやはりというか、新政権後も恒久化に向けての動きが活発です。

DXは、経産省によると、以下のように定義されています。

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること

https://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181212004/20181212004-1.pdf

つまり、DXは「ITの活用を通じて、ビジネスモデルや組織を変革すること」を意味しており、その目的は「企業の競争優位性を確立すること」です。

「IT化」と「DX」の違いは、前者が業務効率化などを「目的」として、情報化やデジタル化を進めるものだったのに対し、後者はそれを「手段」として、変革を進めるという点で異なります。

当院でも2025年を目標にDXを進めていきたいと考えています。


ということで前置きが長くなりましたが、当院でも口腔内スキャナーを導入しました。
口腔内スキャナー( Intraoral Scanner ; IOS) )は、口腔内を小型カメラで撮影し、そのデータをもとにコンピュータを介して立体画像を再現し、モニター上に映し出す装置です。

現在、多くのメーカーからIOSが販売されており、機種選定には非常に迷いましたが、当院ではiTeroエレメント・フレックスを選びました。

iTeroは米国アラインテクノロジー 社(Align Technology Inc.)の製品で、アラインテクノロジー社といえば、マウスピース矯正のパイオニアで インビザライン(Invisalign)が有名です。

iTeroを選んだ理由の一番の理由は、やはりインビザライン治療における優位性です。


口腔内スキャナーで歯や歯列をデジタル化すると歯科医院で何が変わるのでしょうか。


詳しくはまたの機会にしますが、例えば iTeroの「 アウトカムシュミレーター」という機能を使うと矯正治療後のイメージがつかみやすくなります。

iTero Outcome Simulator

これは歯科医院におけるIT化の一つであって、これを見ながらオンラインで患者さんとつながってカウンセリングを行うとDXになるのではないでしょうか。

今まで来院が必要であった治療の説明や経過観察をオンラインを通じて行う、コロナ時代に歯科医院でできる

「非対面型サービス」

の一例だと思います。
当院でも非対面でできることを少しづつ増やしていきたいと考えています。
あわせてインビザライン治療の特設ページも公開しましたので、こちらも是非ご覧ください。


銀座ルミナス歯科
03-6278-8920
東京都中央区銀座8-18-4
東銀座ビル2F
築地市場駅 徒歩2分
東銀座駅 徒歩5分