いま、口腔と全身の関係が注目されています。

歯周病や進行したむし歯の治療は、単に歯を残す目的だけでなく、歯原性菌血症を防ぎ、病気の始まりの段階をケアする目的が注目されています。

歯原性菌血症とは?

歯原性菌血症とは、進行したむし歯や歯周病といった口腔内の「傷口」を入り口として、血管内に細菌が進入し、全身をめぐり、身体全体に悪影響を与えることをいいます。

たとえば、アルツハイマー型認知症では、患者さんの脳から口腔内由来の細菌( P. gingvalis )の毒素が検出されています。

歯原性菌血症は、全身の健康と関わっています

歯周病や進行したむし歯が引き起こす歯原性菌血症は、さまざまな臓器や疾患に悪影響をおよぼします。

歯原性菌血症の関連が報告されている疾患

  • がん/脳卒中/急性心筋梗塞/糖尿病
  • 早産/低体重児出産
  • アルツハイマー型認知症
  • 関節リウマチ
  • 脳脊髄膜炎
  • くも膜下出血
  • 心内膜炎
  • 血管性肺炎
  • 急性虫垂炎
  • 肺膿瘍/肝臓膿瘍/脾臓膿瘍
  • アテローム性動脈硬化
  • 腎炎

3DSは、むし歯や歯周病を予防し、歯原性菌血症から身体を守ります

3DSってなに?

3DSは、Dental Drug Delivery System の略称です。

ドラッグリテーナーと呼ばれるトレーと薬剤を使ってお口の中の細菌を除菌する予防治療です。

ドラッグリテーナーに薬剤を注入し、歯列に装着することによって唾液による薬剤の希釈を防ぎ、歯面以外への薬剤の影響を最小限に抑えることができます。

お口の中を除菌することによってむし歯や歯周病を予防できるだけでなく、口腔内から全身に細菌が巡って身体全体に悪影響を与えることを予防することができます。

ドラッグリテーナー:液体用(左)、ジェル用(右)

3DSをおこなったほうが良い方

  • むし歯になりやすい、むし歯や歯周病で苦労している(きた)方
  • 矯正やインプラント治療を始めようと思っている方
  • ご自分の口腔ケアに自信のない方
  • お口や全身の健康に万全を尽くしたい方
  • 妊娠予定や授乳中でお子様をむし歯にしたくない方

特におこなったほうが良い方

  • 妊婦の方

分娩には体内で分泌されるサイトカインという物質が関与しています。歯原性菌血症の影響によるサイトカインの発生量が基準を超えてしまうと、母体に誤ったサインを送ることになり、早産の原因になってしまいます。

  • 体内に人工物がある方

ペースメーカー、人工心臓弁、血管内ステント、人工関節、骨折固定装置、豊胸用挿入材、血管クリップ、人工レンズ、歯科インプラント等、体内に人工物がある方は、人工物の表面に口腔内細菌由来のバイオフィルム(細菌の膜)ができてしまいます。

  • 重症の糖尿病や腎臓病の方(人工透析を受けている方)

糖尿病や腎臓病は、歯周病との相互作用によってそれぞれ病態を悪化させてしまいます。

3DSの一般的な手順

①問診・カウンセリング

②唾液検査

③PMTC

使用する薬剤を選択するために唾液中の細菌の量を検査します。

④リテーナーを製作

PMTCとは専用の器材を使った歯面清掃です。可能な限り歯面からバイオフィルム(細菌の膜)を取り除き、除菌します。

⑤PMTC+3DS

リテーナーにより、薬剤を効率的に歯面に作用させることができます。

➅ホームケア

再びPMTCを行い、その後リテーナーに薬剤を入れ装着します。

⑦PMTC+3DS

指導を受けたうえで、ご家庭でも夜のブラッシングをした後に薬剤をリテーナーに入れて、お口に装着して作用させます。

⑧効果の判定と保健指導

PMTC+3DSを再度行います。

効果を確認し、定期的な来院間隔を決定します。

ドラッグリテーナーの種類

ドラッグリテーナー:ジェル用

ドラッグリテーナー:液体用

当院は、鶴見大学歯学部 探索歯学講座 認定の3DS実施歯科医院です

3DSに関するよくあるご質問にお答えします。

3DSの効果はどのくらい持続しますか?

お口の病原体はさまざまなものがありますので、家庭でのブラッシングと同じように毎日行うことが基本になります。

使用する薬剤はかかりつけ歯科医師の指示を受けてください。

3DSができない、行ってはいけないケースはありますか?

歯周病の場合は治療をしっかりと受けてからの実施になります。

また、歯が治療中で仮の歯の状態の場合はリテーナーを製作できないため、治療が終了してからになります。

ホームケアをしっかりしていれば、3DSやプロのケアは必要ないですか?

ホームケアがしっかりできることが理想的ですが、すべて完璧に行うことは難しいものです。健康を阻害する細菌はたくさん存在するため、専門家のチェックは定期的に必要になります。

また、生活習慣病等の影響でお口の状態が悪くなることもあります。

3DSは、健康保険が適用されますか?

適用されません。

むし歯や歯周病の治療をしっかりと済ませて、再発しないように3DSを行ってください。

 

© 2014 Ginza Luminous Dental Clinic. All rights reserved.

銀座ルミナス歯科

〒104-0061 東京都中央区銀座8-18-4 東銀座ビル2F ☎03-6278-8920